ご利用案内

ご利用案内 ページメニュー

入力基本仕様

この仕様について

原稿テキストの尊重
この基本仕様は、「お客様側で仕様書(統一方針)のご用意がない場合」や「仕様について当方に一任していただける場合」に、当サービスとお客様との間に一定の合意を得るためにご用意しているものです。

この仕様をもとに当サービスが入力作業を行う場合は、可能な限り執筆者様の原稿原本(text)の表記表現を尊重し、優先いたします。

あらかじめ修正・統一・変更のご要望がある場合や、後工程の作業者の方の便宜を考えた場合を除き、当サービス独自の解釈で原稿の表現そのものに手を加えることは原則としてありません。

これが、当サービスが屋号『プレーン(=plain)』と『テキスト入力代行サービス』のサービス名称を併記するゆえんです。

ただし、一部の項目については、現場の判断でやむをえず応急的に部分変更させていただく場合があります。変更内容について詳しくは納品時にご案内いたしますのであらかじめご了承ください。
 

優先順位
優先順位の第一位は、あくまでも「お客様の仕様書またはご希望・ご指示」です。この入力仕様は、「原稿テキストの尊重」と「当サービスの考えるお客様の利便性」と「当サービスの作業上の利便性」との折衷案的なものだとお考えください。

またこの内容は、市販されている特定のルールブックなどに基づくものではありませんのでご注意ください。

部分的な変更などのご要望には柔軟に対応させていただきます。「こういうケースではこう入力を」といったご要望がありましたらお早めにお知らせください。ただしお客様の標準作業やご希望と大きく異なる場合はあらかじめ仕様書をご提示ください(ご要求内容や項目数などによっては割引サービスの対象外とさせていただきます)。
 

こちらもあわせてご覧ください
プレーンの入力基本仕様
ご利用の流れ
テキスト入力料金表
 

プレーンの入力基本仕様

納品ファイル形式
プレーンテキスト形式(拡張子が「.txt」のファイル)でお納めします。 プレーンテキストはほぼすべてのOS上、アプリケーションソフト上でご使用いただけます。
 

ファイル分け
原則1つのテキストファイルに続けて入力します。書籍原稿など文字総数が数十万字単位になる場合は、章ごとなどの大きなまとまりで分ける場合があります。
 

ファイル名
「yyyymmddnn.txt」のファイル名でお納めします。当サービスがyyyy年mm月dd日のnn番目にお請けしたお仕事であることを表わしています。
 

ファイル名は請求書(納品書)記載の受注番号と共通です。過去のご依頼案件についてお問い合わせの際はファイル名か受注番号をお知らせください。
 

文字コード
Shift-JISで入力します。その他の文字コードには現在対応しておりませんのでご了承ください。
 

改行コード
特にご指定がない場合は「CR+LF」を基本とします。MacOSなどで「CR+LF」に非対応のアプリケーション上でご使用の場合は「改行コードはCRで」とご指定ください。
 

入力全般
原則としてベタ入力です。ルビなど一部のケースを除き「書式」「体裁」「修飾」「編集」「レイアウト」にかかわる「文字以外の要素」は省略します。
 

段落開始時の1字空け・段落間などの空行
原則詰める方向で入力します。DTP組版などの後加工を前提とした入力では、組版ソフト側での処理を考え、原則詰めて入力します。ただし、テキストのまま(加工なし)でご利用の場合は原稿通りに空白・空行を挿入する場合があります。どちらかに統一が必要な場合はお早めにお知らせください。
 

英数字
すべて半角(1バイト文字)で統一して入力します。ただしタテ組みでご利用の場合は、原稿の内容(例:原稿用紙にタテ書きしてある場合)やケースに応じて一桁数字およびアルファベットの略号などを全角で入力する場合があります。
 

発音記号類
英語の発音記号・アクセント記号ほかこれらに類するものは原則として省略させていただきます。
 

判読困難な文字、テキスト形式で入力できない文字
本文未使用の記号(例:■黒四角)か「〓(ゲタ文字 Shift-JIS:81AC)」などで代用します。
 

ルビ文字
親文字のあとに本文未使用の記号などではさんで入力します。原則としてすべて単語ごとのグループルビ扱いとします。モノルビ扱いでの入力が必要な場合や、文字入力段階でのルビ文字の入力(代替処理)がご不要の場合はお早めにお知らせください。

 ■全角ブラケット[ ]を用いた代替入力の例
  例1:ルビの代替入力[だいたいにゅうりょく]について。
  例2:今日[きょう]は昨日[きのう]の明日[あした]です。

 

ルビの拗促音
手書き原稿の場合のルビの拗促音は小書きで統一します。活字原稿の場合は原稿に準じます。ただし活字で大書き・小書きの表記ゆれがある場合や見た目の判別が困難な場合は小書きに統一させていただきます。
 

傍点・圏点
傍点の範囲を本文未使用の記号などではさんで入力します。文字入力段階で傍点の代替処理がご不要の場合はお早めにお知らせください。

 ■全角墨付パーレン【 】を用いた代替入力の例
  例1:傍点の【代替入力】について。
  例2:ここでは【きものをぬいでください】。

 

下線、傍線、罫線、マーカーなどの強調
原則省略させていただきます。
 

句読点、カンマ・ピリオド
日本語の句点「。」、読点「、」は全角(2バイト文字)で入力します。
カンマ・ピリオドは和文に付くものは全角。欧文に付くものは半角(1バイト文字)とします。
行頭番号などの半角英数字に付くピリオドは半角とします。

「。」と「.」や「、」と「,」の区別は原稿に準じます。ただし手書きで判別が困難な場合や、同一フォーマットの原稿上で本来あるべきでない表記ゆれがみられる場合はケースに応じて統一する場合があります。

達筆、悪筆、原稿のカスレなどで句点と読点の区別が極端に困難な場合は、可能な限り原稿を優先しますが、やむをえず文脈から判断して入力する場合があります。執筆者のクセなどで句読点が空白で省略されている場合も同様とします。
 

括弧記号、コロン、セミコロン
和文に付くものは全角、欧文に付くものは半角とします。註釈など和欧混在の場合は和文扱いとします。やまがたパーレン「〈〉」の代わりに不等号「<>」の使用がある場合はそのまま入力します。ダブルミニュートは全角のダブルクォーテーション「“”(Shift-JIS:8167,8168)」で代用します。
 

欧文のスペーシング
和文欧文混在の原稿では和欧文間はベタで入力します。欧文のピリオド・カンマ後のアキは原稿の見た目通りに入力します。統一が必要な場合はお早めにお知らせください。
 

感嘆符、疑問符
和文に付くものは全角、欧文に付くものは半角とします。縦組みの「!!」「!?」などは半角とします。感嘆符、疑問符の後の空白が詰められている場合は原稿通りに入力します。統一が必要な場合はお早めにお知らせください。
 

三点(二点)リーダー/ダーシ
全角で入力します。個数は原稿通りとします。句読点やピリオド、中黒を使用している場合(「。。。」「、、、」「...」「・・・」)、マイナスや音引きを使用している場合(「−−」「ーー」)、それらの混在・表記ゆれがある場合も原則は原稿通りとします。手書きで点が五つなどの場合は中黒「・・・・・」で代用します。二字分(あるいは四字分)を1セットとするかどうかなど、統一が必要な場合はお早めにお知らせください。
 

中黒
すべて全角で入力します。
 

踊り字
原稿通りに入力します。行頭にくる踊り字が漢字に直されている場合はその通り入力します。テキストで入力できない二倍の踊り字は■(黒四角)などの記号で代用します。
 

機種依存文字
原則不使用とします。ただしWindows上での加工や、テキストデータのままでご利用の場合には、ケースバイケースで丸付き数字やローマ数字などの使用可能な文字は入力する場合があります。Mac OSでご利用の場合は全角記号と記号内文字の組合せで入力します。

 「(1)」「(ア)」「(A)」「(a)」
 「○1」「○ア」「○A」「○a」
 「□1」「□ア」「□A」「□a」 など

 

表組文字の流し方
DTP組版にご利用の場合はタテ(列)方向に、電算写植組版やWEB制作、テキストのままでご利用の場合はヨコ(行)方向に流します。
 

原稿内に本文とコラム・表組文字などが混在する場合
原稿が少量の場合は、まとまりごとに加工しやすい文字の流れや、タテ・ヨコ方向を考慮し、本文の区切りの良い箇所(章末、節末、段落末)などにまとめて入力します。まとまりの区切りのために前後に空行を入れる場合があります。大量の原稿の場合は加工時の本文流し込みなどを考慮してファイル分けをする場合があります。
 

原稿の誤字・脱字・余字・表記ゆれ・用法間違いなど
一般的にみて間違いがあきらかな場合であっても、基本は原稿通りに入力します。また原稿への付箋処理等は原則行っておりません。
 

以上

・ この仕様は改善のため予告なく改定する場合があります。
・ ご不明な点やご不安な点、ご質問・ご要望などありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

類似業者にご注意ください
当サイトの営業文章の盗用・剽窃を行う競合他社や類似業者にご注意ください。

こちらもあわせてご覧ください
この仕様について
ご利用の流れ
テキスト入力料金表
 

ご依頼・お問い合わせは専用フォームから

お電話でのお問い合わせはこちらまで
TEL 096-363-5626
受付は24時間・年中無休です。「ホームページを見ました」とお知らせください。
お急ぎの場合はフォームとお電話を併用いただけますとスムーズです。
 

TEL 096-363-5626
(年中無休・24時間受付)
ホーム
ご利用案内
サービス内容
ご利用の流れ
入力基本仕様
料金案内
ご依頼事例
よくあるご質問
フォームからのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
TEL 096-363-5626
(年中無休・24時間受付)
「ホームページを見ました」とお知らせください。お急ぎの場合はフォームとお電話を併用いただけますとスムーズです。